とんだ実走レビューになった💦

ちょびっとDIY

今までほとんと自分でクルマを弄ったりしなかったのですが、XRは自分で出来そうなものは自分でしようと思ったり。

で、納車前から取り付けてみようと思っていたのがナックルガードです。

実は、同じS1000XRのに乗るminminさんのブログを参照し、納車前にポチっておきました。

※参考にさせていただいたブログは以下のとおり

minmin2019.hatenablog.jp

minmin2019.hatenablog.jp

で、amazonでポチったのがこちら

f:id:uncle_cat:20210510112031j:plain

3000円もしないお値打ち価格(笑)

 事前にトルクスソケットも準備していたので早速取り付けようと、純正ナックルガードを外します。

バーエンドのネジはかなり長めなのでそのまま使用しますが、内側の小さいネジは追加のナックルガードの分厚みが増すため、付属で長いネジが付いてきますので、そちらを利用します・・・・あれ?付かないぞ?

よく見てみると・・・

f:id:uncle_cat:20210510112142j:plain

これは付かないわ(笑)

もうね、ネジのピッチが違いすぎて、どうにもこうにもなりません(汗)。あとで気づくのですが、レビュー欄にネジが合いませんよ!という評価がありました。ちゃんと読むべきですね。

さて、困りましたが慌てて付ける必要も無いので、1000㎞t点検の時にディーラーさんに相談したら、同じピッチの少し長いネジを分けてもらいました。

f:id:uncle_cat:20210510112227j:plain

ネジの頭にはしっかりBMWの刻印が!まぁネジなら別にトルクスでなくても良かったのですが、こういう小物でも純正部品となると気分が違うものです(笑)。

ディーラーさんには感謝です!

早速小屋へ戻った後に付けてみました。

f:id:uncle_cat:20210510112553j:plain

これが

f:id:uncle_cat:20210510112923j:plain

こうなりました

試してみよう!

春になったとはいえ、北海道はまだまだ夜に一けた台の気温になったりするので、どのくらい風を防いでくれるか、取り付けたら試したくなるのが人情(笑)。

日曜日は午前中雨でしたが午後から青空が出て来たので、近場を走ってみようとXRを出しました。

んで、道道28号で北上し浜益のあたりまで行って、日本海側で南下して帰ってくるルートで出発。

途中の当別ふくろうダムで休憩、流石に連休最終日だけあって、まったく人気がありません。まぁ札幌は「まん延防止等重点措置」適用になってますので、あえて人が全然いないルートを選択したんですが・・・ほんとに全然いない・・・。

f:id:uncle_cat:20210510113505j:plain

当別ふくろうダム

雪解け水もあってか水量もかなりありましたので、中々豪快です。

f:id:uncle_cat:20210510113510j:plain

道道の対岸から

さらに途中、道道を外れ脇道でダムの対岸へ行くと、車すら走ってません(笑)。さすが北海道の人口密度。

再び道道にもどり北上、途中道道11号で海に出る交差点も直進して、すぐのところにあるトイレにはライダーが3~4人居たのでスルーし、道民の森の手前のトイレで休憩。

この道もしばらく走っていなかったので、寄るのは初めてですが最近できたのか、とても綺麗でした。

f:id:uncle_cat:20210510114744p:plain

青山中央地区植樹広場

駐車場の片隅に、まだ花をつけた桜があったので記念にパチリ。

f:id:uncle_cat:20210510114914j:plain

葉桜になりかかってるけど、なかなかキレイ

まったり写真なんぞを撮っていると、あれ?雨が・・・

f:id:uncle_cat:20210510115125j:plain

XRで初めての雨

 雨雲レーダーじゃ、雨雲はもう北の方に流れていったはずなのに?

f:id:uncle_cat:20210510115451j:plain

これは・・・まずい

レーダーだと30分は雨が降りそうなので、トイレから見えるあずま屋的なところで雨宿りすることに。

f:id:uncle_cat:20210510115601j:plain

あそこで雨宿り

しかし、周りに誰もいない&かなり山奥なので、クマが出ても全然不思議じゃない環境(汗)。スマホで音楽を大きめに鳴らしておきました(笑)。

予報通り30分ほどで雨が上がったので、これ以上雨雲を追いかけず、ここでUターンすることにしました。

f:id:uncle_cat:20210510115610j:plain

BMW Mottorrad純正ソフトバッグ(スモール)

予算不足でトップケースおよびサイドパニアが買えない分、ソフトケースをいつも付けているのですが、これしっかり完全防水なので、こういう時は安心ですね。

f:id:uncle_cat:20210510115633j:plain

このブルーの袋の中に入れとけば平気

走り出してすぐ、前方にはまたしても雨雲・・・ふと右手の山の向こう側を見ると、前方よりは明るいし雲も薄そうだったので、急遽道道11号で山を越えて日本海沿いに出ることにしました。

 

が!

 

途中、太陽が出ているのにかなりの豪雨に晒されます。もう、シールドのインテークから雨がおでこを直撃するくらい(笑)。

ジャケットとブーツはアルパインスターズのDRYSTARなので防水、パンツはエクスプローラジーンズの超撥水が染みることなく撥水してくれるお陰で、豪雨でも問題なしでした。

f:id:uncle_cat:20210510115740j:plain

ちゃんと防水してくれました

屋根があるところが無かったため、テムレスは積んでたのですがグローブはそのままハンドロイドで走ってましたが、信号が全然ないので止まることもなく、そのお陰で中華製ナックルガードが良い仕事をしてくれ、グローブは濡れませんでした(雨の中15分程度走って)。

f:id:uncle_cat:20210510115930p:plain

ハンドロイド

結果(笑)

広大な北海道を走るということは、天気もどんどん変わっていき、どこかで雨に当たってもおかしくないので、出来るだけ持ちモノを減らすことが出来る防水装備を標準にしたつもりでしたが、奇しくもナックルガードの防風効果を見るはずだったのに、装備全体の実証実験となりましたが、結果ある程度の雨なら現状の装備のままで問題無く走れそうです。

グローブについては、停車しなかったのでそのままで問題ありませんでしたが、信号待ちや渋滞(ほぼ無いけどw)を考えると、早めにテムレスに変えておけば完璧そうです。逆に言えば、走ってる限り風も雨もある程度防いでくれるということですね。

 

小屋へ戻ってくる頃には、さっきの雨雲もどこへやら?また青空になっていました。

当然雨の中を走ってきたので、キレイだった車体もご覧の通り。。。

この時期って北海道は田植えの時期で、田舎の道にはトラクターが落とした土とか多いので、雨が降ってもこういう汚れ方しちゃうんですよね(汗)。

f:id:uncle_cat:20210510115641j:plain

ドロドロです(笑)

ちょっと気温が下がって来てましたが日没までには少し時間があったので、キレイにしてから入庫することにして、ちゃちゃっと洗車を。

f:id:uncle_cat:20210510115705j:plain

試験ならこれでも良かったかも・・・

小屋保管とはいえ、極力床を濡らしたくなかったので、ブロワで水滴を吹き飛ばして終了です。

f:id:uncle_cat:20210510115722j:plain

ちょっと試そうと思って軽く出かけただけなのに、ガチ雨に当たることになりましたが、これはこれで良い経験になりました。

透湿防水(DRYSTAR)や超撥水である程度の雨なら問題無く走れることは分かりましたが、やはり長時間もとなるとレインコートは用意しておいた方が良さそうですね。

またお金が・・・(笑)。